2008年7月19日土曜日

おみやげの木


くるみの木です。

今年八ヶ岳に行ったとき、おみやげに鬼胡桃というのを
一袋買いました。もちろん、おつまみ用として。

普通スーパーで売っているのは外国産の殻の薄い胡桃で
簡単に割れます。
軽い気持ちで買ったこの純国産鬼胡桃は、信じられない
くらい頑強で、金槌とドライバーで慎重にコンコンしないと
キレイに割れません。
(我が家にくるみ割り人形は無いので)
一粒食べるのに、大変な時間と労力を要します。
しかも外国産に比べると中は悲しいほど少ない(T_T)

疲れ果てた僕は、残った実を庭に埋めました。
何年かしたら一つくらい芽がでるかなと...
何年どころか、すぐ芽が出てみるみる成長しています。

そもそも、あの堅い殻を、柔らかい芽がどうやって
中から破るのか? 
まるで「北風と太陽」の北風のような気分です。

恐るべし、鬼胡桃!!

2 件のコメント:

きとちゃん さんのコメント...

すごい生命力やね。
で、この勢いで成長すると考えると、
庭に植えるのはこわくない?

rikisan さんのコメント...

怖いので、鉢に植え替えました。
旅行に行っているあいだに猛暑で枯れてしまいました。
あんなに強かったのに...残念。