2007年7月3日火曜日

食事の間



実は、食べるのヘタです。早食い、犬食い、迷い箸。
せっかちな食べ方です。
しかし旅先とかでは2時間くらいかけて、のんびり食べています。
違いは、なんだろう?と考えて、取り入れたのがこの箸置きです。
食べ物を口に運んで、一端箸を置く。
この「間」が、大事なのではないかと。

所作が武道のようで、カッコいい感じもします。
ずっと箸をもったままということが無くなり、ほんの少し食事の
時間がのびたような気もします。

気持ちだけかもしれませんが。

2 件のコメント:

きとちゃん さんのコメント...

この記事を話したら、妻は、箸置きを買っておくといっていました。

りきさん さんのコメント...

これは、何かの引き出物かお祝い返しか、つまり「もらいもの」です。
こういう祝儀物は、普段使いには難しい高級品か、「妙なもの」が多いですよね。
これも、ずっと押し入れの奥で眠っていました。

一端箸を置くと、奥さんと会話が弾むかもね。(^^)